会社は倒産体質 倒産リスクとの戦い方 木下晃伸著

会社は倒産体質 倒産リスクとの戦い方 木下晃伸著

ファンドマネジャー、アナリストとして1000社以上の企業を取材した著者は、現在の日本を取り巻く環境を冷静に分析すれば、いつどんな会社が潰れてもおかしくない、つまり「倒産体質」を持っていると主張する。

日本を牽引してきたトヨタやソニーなどの大企業が業績を落とした事例を分析しながら、日本企業とビジネスマン個人がこれからのパラダイム・シフトにどう対処すればいいのかをシビアに検証。「100年に一度の危機」などといわれるが、今後もバブルとその崩壊は繰り返す可能性があるとも指摘する。

それを通じ経営者が会社の財務状況を的確に把握することの重要性と、自らの身を守るためのスキルを伝授する。

角川oneテーマ21 760円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT