会社は倒産体質 倒産リスクとの戦い方 木下晃伸著

会社は倒産体質 倒産リスクとの戦い方 木下晃伸著

ファンドマネジャー、アナリストとして1000社以上の企業を取材した著者は、現在の日本を取り巻く環境を冷静に分析すれば、いつどんな会社が潰れてもおかしくない、つまり「倒産体質」を持っていると主張する。

日本を牽引してきたトヨタやソニーなどの大企業が業績を落とした事例を分析しながら、日本企業とビジネスマン個人がこれからのパラダイム・シフトにどう対処すればいいのかをシビアに検証。「100年に一度の危機」などといわれるが、今後もバブルとその崩壊は繰り返す可能性があるとも指摘する。

それを通じ経営者が会社の財務状況を的確に把握することの重要性と、自らの身を守るためのスキルを伝授する。

角川oneテーマ21 760円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT