会社は倒産体質 倒産リスクとの戦い方 木下晃伸著

会社は倒産体質 倒産リスクとの戦い方 木下晃伸著

ファンドマネジャー、アナリストとして1000社以上の企業を取材した著者は、現在の日本を取り巻く環境を冷静に分析すれば、いつどんな会社が潰れてもおかしくない、つまり「倒産体質」を持っていると主張する。

日本を牽引してきたトヨタやソニーなどの大企業が業績を落とした事例を分析しながら、日本企業とビジネスマン個人がこれからのパラダイム・シフトにどう対処すればいいのかをシビアに検証。「100年に一度の危機」などといわれるが、今後もバブルとその崩壊は繰り返す可能性があるとも指摘する。

それを通じ経営者が会社の財務状況を的確に把握することの重要性と、自らの身を守るためのスキルを伝授する。

角川oneテーマ21 760円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。