演奏に順番待ち、江古田「駅ピアノ」は誰が弾く?

西武鉄道や地元大学の熱意で実現

白羽の矢が立ったのは、練馬駅のとある駅係員だった。独学でピアノを学んだ係員が弾いたのは倉木麻衣の『渡月橋~君想ふ~』。選曲には理由があった。江古田高校という架空の学校が出てくる人気アニメ『名探偵コナン』の主題歌なのだ。歌詞も旅立ちの日をイメージでき、駅というここからどこにでも旅立てる場所と相性がよいのではないかと思ったという。選曲もまた江古田駅愛にあふれていることに驚いた。

では、江古田駅利用者の反応はどうなのだろう。取材のため何度か江古田駅を訪れたのだが、そのたびにピアノはいつもすてきな音楽を奏でていた。

子どもが弾き終わると、遠巻きに見ていた人が大げさではない拍手をしてくれて、その人がまたピアノの前に座る。そして席を立つと、また少し遠くにいた観客がピアノに近づいていく。

どこか、ささやかで、それでいて微笑ましいのは、皆でワークショップをしたときに出たキーワード「耳打ちしたくなる」ような街・江古田のピアノだからかもしれない。

設置は4月まで

矢吹さんが教えてくれたのだが、実は江古田駅のピアノを使って時折コンサートしているがあえて華々しく告知をしていないという。こぢんまりとした駅に、さりげなく自然に存在するアップライトのピアノというのが、実に江古田らしいと筆者も思う。

知人が一度見かけたことがあるのが、パーカッションを持ち込んでのコラボだった。本来ならほかの楽器を持ち込んでのコラボは禁止なのだそうだ。西武鉄道の方にその旨を聞いてみたところ、「おおらかにコラボしてしまうのも江古田の人なら、気軽に注意できるのも江古田の人たちなんです」と教えてくれた。

ひそやかに、おおらかに江古田駅のピアノは存在し、訪れる人たちの気持ちを楽しませてくれる。ピアノを弾く人、聴く人それぞれにドラマがあるだろう。

江古田はみんなのドラマすべてを包み込む街だ。「江古田駅というキャンバスに放出された若者たちのパワーを感じてほしい」と、渡邉さんと矢吹さんは締めくくった。江古田駅のピアノは今年の4月までの設置ということだが、小さなピアノがある駅が、これからも増えることを願っている。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT