永すぎた春に終止符。住信、中央三井が統合--三井住友FGとの関係が焦点に


 三井住友FGも両行に長らくラブコールを送ってきた。同じ財閥系である三井住友傘下に入るのは自然な流れに見えるが、行員も猛烈主義で社風が覇権主義的な同行に対し、住友信託と中央三井は拒否反応を示してきた。住友信託の歴代トップも「三井住友グループ入りだけは考えられない」と言い続けてきた。

三井住友FGは証券事業でも、日興コーディアルグループ買収で大和証券グループに揺さぶりをかけたが、逃げられた経緯がある。信託2社が統合して企業体力を強めれば、悲願の信託取り込みはさらに難しくなりそうだ。

■住友信託銀行の業績予想、会社概要はこちら

■中央三井トラスト・ホールディングスの業績予想、会社概要はこちら


(大崎明子 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。