永すぎた春に終止符。住信、中央三井が統合--三井住友FGとの関係が焦点に


 三井住友FGも両行に長らくラブコールを送ってきた。同じ財閥系である三井住友傘下に入るのは自然な流れに見えるが、行員も猛烈主義で社風が覇権主義的な同行に対し、住友信託と中央三井は拒否反応を示してきた。住友信託の歴代トップも「三井住友グループ入りだけは考えられない」と言い続けてきた。

三井住友FGは証券事業でも、日興コーディアルグループ買収で大和証券グループに揺さぶりをかけたが、逃げられた経緯がある。信託2社が統合して企業体力を強めれば、悲願の信託取り込みはさらに難しくなりそうだ。

■住友信託銀行の業績予想、会社概要はこちら

■中央三井トラスト・ホールディングスの業績予想、会社概要はこちら


(大崎明子 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT