マイクロファイナンス 貧困と闘う「驚異の金融」 菅正広著

拡大
縮小
マイクロファイナンス 貧困と闘う「驚異の金融」 菅正広著

マイクロファイナンスは、通常の銀行業務の常識を覆す画期的な金融だといわれる。担保も持たず金融サービスから排除された貧困に苦しむ人人のために少額無担保融資を行いながらも、その貸倒率が平均1~2%だからだ。

なぜそれが可能なのか。借り手が収入を生み出す活動・事業を開始・継続できるかを基準に、融資の申し込み段階から人物像や事業を見極め、生活の相談に乗ったり就業支援などを行う。いわば、私的利益と社会的利益を両立させた金融なのである。

マイクロファイナンスが日本の貧困問題に有効なのかを論じながら、貧困を“社会問題”ととらえ、その撲滅に社会全体が取り組むことの重要性を訴える。

中公新書 777円

  

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT