日産がルノーへの態度を変えた切実な事情

穏健派の内田新社長、提携見直し棚上げも

「アライアンスに憧れて日産に入社した」というだけあって、内田氏はアライアンスを経営戦略の根幹に据える考え方の持ち主だ。記事冒頭の発言からわかるように、過去のアライアンスの実績についてもかなり肯定的で、対ルノーの点では「穏健派」と言える。

ルノーとの提携に社内から不満の声も

その一方で、日産社内にはルノーとの現状の提携を疑問視する意見も根強い。先端技術などでルノーは日産に依存しているにもかかわらず、資本関係ではルノーが圧倒的優位に立つためだ。

2020年後半に投入するとみられる新型EVのコンセプトカー「アリア コンセプト」の前で成長戦略を語る内田新社長(撮影:梅谷秀司)

実務面でも日産の新車開発にルノーから横やりが頻繁に入るなど、特に開発部門ではルノーへの不満が溜まっていた。「アライアンスによる協業効果が最も現れているのは、部品や資材などを共同で調達する購買分野。購買部門出身の内田さんはアライアンスのいい側面しか見えていないのではないか」(日産関係者)との声も漏れ聞こえる。

内田氏がルノーへの配慮を強めすぎると、日産社内での求心力を失う可能性もある。

ゴーン時代に経営統合を暗黙の前提として進められてきた、開発や人事など両社の主要機能を一本化する取り組みについて、前体制と同様に内田新社長の下でも見直し路線を継続していくのかも注目だ。

一時はフランス政府が前面に出て経営統合への要求を強めたルノーも、最近では鳴りを潜めている様子だが、日産との経営統合を諦めたわけではない。内田氏は当面は業績回復に集中できるとしても、いずれアライアンスをめぐる重要局面が必ずやってくるはずだ。その時にどう動くのか。53歳の新社長の指導力が問われている。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
鉄鋼不況の常態化は必至<br>迫られる国内リストラ

日本製鉄をはじめ、JFE、神戸製鋼所の鉄鋼3社は、強烈な不況に苦しんでいます。主力の鉄鋼事業の利益が急減し、逆風は一時的とは思えません。買収を含めた海外での拡大、国内拠点のリストラなど、生き残り策の深層をリポートします。