政策論争のデタラメ 市川眞一著

政策論争のデタラメ 市川眞一著

「環境・エネルギー」「郵政改革」「医療」「教育」「政治・行政」の常識に、外資系証券のストラテジストが疑問を呈し、対案を提示する。

たとえば、温室効果ガスの排出を抑止しながら、エネルギーの安定確保を図るには、政策の軸足を供給サイドに移す。具体的には(1)官邸にエネルギー戦略本部を発足させ、(2)太陽光と風力への過剰な期待を捨て、(3)原子力の発電割合を50%にせよと提案。

また郵政民営化は、官業でしか生き残れない事業、代替できない事業を峻別し、(1)4社一体型は凍結、(2)郵貯・簡保は時間をかけて廃止、(3)信書のみ国営を維持、(4)郵便局は、都市部はコンビニに委託、過疎地は国営を維持する、内容の見直し案を提言する。

新潮新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。