金融大狂乱 リーマン・ブラザーズはなぜ暴走したのか R・マクドナルド他著/峯村利哉訳

金融大狂乱 リーマン・ブラザーズはなぜ暴走したのか R・マクドナルド他著/峯村利哉訳

創業158年の投資銀行の破綻を契機とするリーマンショックから1年。他の大手投資銀行が救済される中で、なぜリーマン・ブラザーズは「あっさりと臨終を迎えた」のか。いまでも謎を抱えている。

元ゴールドマン・サックスCEOで、当時の財務長官、ポールソンの本心が、君臨するファルド会長と反目を深めることになる晩餐会を経て、「窮状はみずからの傲慢さが招いた事態であり、自業自得のリーマンは金融界から退場すべき」になったからだと、元中堅幹部の著者は決め付ける。

不動産関連の強化をテコに業界トップグループ入りを狙い、銀証分離の撤廃を好機に、レバレッジを向こう見ずに利かせ、奈落に突き進む。第一線と経営層の“複眼”でエピソード豊富にその狂乱ぶりを追う。

著者は、「過去16四半期分のボーナスの半額は数年売れない契約のリーマン株」ながら、破綻の半年前に独立。類書が相次ぐ中で、真相に迫る一冊。

徳間書店 1890円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。