金融大狂乱 リーマン・ブラザーズはなぜ暴走したのか R・マクドナルド他著/峯村利哉訳

金融大狂乱 リーマン・ブラザーズはなぜ暴走したのか R・マクドナルド他著/峯村利哉訳

創業158年の投資銀行の破綻を契機とするリーマンショックから1年。他の大手投資銀行が救済される中で、なぜリーマン・ブラザーズは「あっさりと臨終を迎えた」のか。いまでも謎を抱えている。

元ゴールドマン・サックスCEOで、当時の財務長官、ポールソンの本心が、君臨するファルド会長と反目を深めることになる晩餐会を経て、「窮状はみずからの傲慢さが招いた事態であり、自業自得のリーマンは金融界から退場すべき」になったからだと、元中堅幹部の著者は決め付ける。

不動産関連の強化をテコに業界トップグループ入りを狙い、銀証分離の撤廃を好機に、レバレッジを向こう見ずに利かせ、奈落に突き進む。第一線と経営層の“複眼”でエピソード豊富にその狂乱ぶりを追う。

著者は、「過去16四半期分のボーナスの半額は数年売れない契約のリーマン株」ながら、破綻の半年前に独立。類書が相次ぐ中で、真相に迫る一冊。

徳間書店 1890円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT