徹底のリーダーシップ 最悪のシナリオから最高の結果を生む経営 ラム・チャラン著/中嶋愛訳~危機の時代の優先課題を実践的、簡潔にまとめる

徹底のリーダーシップ 最悪のシナリオから最高の結果を生む経営 ラム・チャラン著/中嶋愛訳~危機の時代の優先課題を実践的、簡潔にまとめる

評者 黒田康史 YSコンサルティング代表

 本書は、企業経営の世界において著名で、数々の名著がある著者による、危機の時代のリーダーシップ論で、実践的で簡潔にまとまっている。この経済危機下でも順調に業績を伸ばしているファーストリテイリングの柳井正会長が、解説の中で著者の主張を支持・実践しているとあるのも、説得力があり、本書の価値をいっそう高めている。

本書ではまず、危機の時代の経営者の最重要課題として、「キャッシュの確保」と現場への積極的な関与を行う「徹底した経営」が挙げられている。この「徹底した経営」では、現場の「生の情報」を自らの足や目、耳を使って収集することが何よりも大切なことが強調されているが、これは何も今回の危機に限らず、いつの時代でも大切なことだ。その意味では、本書で挙げられている「難局においてリーダーに絶対必要な6つの資質」も、危機の状況では特に重要であるが、いつの時代でも常に必要な資質と言えよう。言ってみれば経営の本質的な部分だ。

本書ではまた、CEOだけでなく、CFO、CMO等、各部門のリーダーがこの危機において何を優先的にすべきかがまとめられており、大変参考になる。自分に関係のある部門だけでなく、他の部門についても是非しっかり読んでおきたい。

ちまたでは、今回の危機についてすでに楽観的になっている人たちが結構いるが、まだ危機が完全に去ったわけではない。その意味ではまだまだ続く危機への対処のために本書は大いに役立つだろう。また一方で、今後さまざまな分野でゲームのルールが根底から変わっていく可能性も高い。そうしたときに頼りになるのは、やはり経営の本質的な部分だ。基本に立ち返って経営の本質をしっかり学ぶうえでも、本書は大いに役立つだろう。

Ram Charan
名だたるグローバル企業の経営アドバイザー。『フォーチュン』、『ビジネスウィーク』などに寄稿多数。インドに生まれ、大学で工学を学んだ後、ハーバード・ビジネススクールで経営修士号および博士号を取得。ハーバード・ビジネススクール元教授。

プレジデント社 1500円 232ページ

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。