嵐は残り1年間で何を見せようとしているのか

SNSを解禁、20周年会見で見せた思いと本音

会見の最後に松本さんは、「2020年の12月31日や12月がどういう空気になるのか? 自分がそのとき、どういう思いになるのか? 正直想像がついていないんです」と本音を漏らしました。

東京オリンピック・パラリンピックが終わったあとに、日本中を覆いはじめるであろう「嵐ロス」のムードはどんなものなのか? 彼ら自身もまったく想像できていないのでしょう。事実、この日の会見は、いつも通りの自然体で、和気あいあいとしたムードに終始。その牧歌的なムードに、「彼らはラスト1年を特別視していないのでは?」という声もあがるほどでしたが、今後は心境が変わってきたとき、SNSにアップすることは十分考えられます。

「いつか活動再開してもらいたい」ファンの姿勢

コンサートに通うヘビー層だけでなく、テレビを見ているだけのライト層も含めたファンたちは、これまで以上の応援と感謝の声を送り続けるでしょう。また、現段階では、「『いつか活動再開してもらうために、気持ちよく送り出そう』と考えているファンが多い」と予想されています。

そんなファンたちの姿を見て、嵐の5人は何を思い、どんな形で表現していくのか? SNSでは、彼らとファンの思いが飛び交い、ホットワードを嵐関連のフレーズが埋め尽くすかもしれません。

ビジネスの側面で見れば、「活動休止に関わる一連の経済効果は3249億円」という推計もあるなど、どこまで盛り上がるのでしょうか? 20周年の会見は、単なる新プロジェクトのPRでなく、そんな1年後のフィーバーをリアルに予感させるものだったのです。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。