「中国問題」の核心 清水美和著

「中国問題」の核心 清水美和著

建国60周年を迎え、天安門事件からも20年が過ぎた中国。驚異的な経済成長率を遂げ、近く日本を抜いて米国に次ぐ世界第2位の経済大国に躍り出ようとしている。

日本はもはや経済的には中国に依存せざるをえないが、政治的、外交的、さらには感情的に付き合いにくい相手であるのも事実だ。だからといって遠ざけてばかりもいられない。もっとよく、この国を理解しようと新聞論説委員の著者は主張する。

共産党支配の下、軍備を増強してナショナリズムを強め、国家の求心力を高めることに躍起な中国。毒ギョーザ事件から、尖閣諸島問題、チベットやウイグルの民族問題まで、いまこの国に起きている現実を解き明かす。

ちくま新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT