「中国問題」の核心 清水美和著

「中国問題」の核心 清水美和著

建国60周年を迎え、天安門事件からも20年が過ぎた中国。驚異的な経済成長率を遂げ、近く日本を抜いて米国に次ぐ世界第2位の経済大国に躍り出ようとしている。

日本はもはや経済的には中国に依存せざるをえないが、政治的、外交的、さらには感情的に付き合いにくい相手であるのも事実だ。だからといって遠ざけてばかりもいられない。もっとよく、この国を理解しようと新聞論説委員の著者は主張する。

共産党支配の下、軍備を増強してナショナリズムを強め、国家の求心力を高めることに躍起な中国。毒ギョーザ事件から、尖閣諸島問題、チベットやウイグルの民族問題まで、いまこの国に起きている現実を解き明かす。

ちくま新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。