来夏営業開始、N700Sは「最強の新幹線」になるか

北海道から九州まで、鉄道版「名車列伝」

けれど、筆を進めているうちに、可憐なこの電車に会いたければ九州へいらっしゃいという、JR九州の巧みな誘導策なのかもしれないとも考えるようにもなった。

それにしても、せめて博多から小倉まで足をのばしてくれたなら、さらに輝いて見えるかもしれないと。これは妄想である。

「E6系」ミニ新幹線の最新後継車

狭軌の在来線を標準軌に改築して新幹線の車両を乗り入れる“新在直通”、いわゆる“ミニ新幹線”方式が初めて実現したのは1992年のことで、奥羽本線の福島と山形の間だった。

E5系と併結して走るE6系(写真:tarousite/PIXTA)

その時に導入されたのが400系で、車体の寸法は在来線のままながら、新幹線を走ることができる性能を有するという、よい意味でのモンスター的な電車だった。

全身を深い銀色で装った電車、今でも筆者が大好きな電車のひとつなのだけれど、実に惜しいことに今から9年前の春に引退してしまった。だから今回の“最強リスト”に組み込むことはできない。そこで採り上げたのが最新のE6系というわけである。

このE6系は、ちょうど400系と入れ替わるようなタイミングで試作車が登場した電車である。走るのは秋田新幹線だが。

次ページ永遠のアイドルといえば・・・
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT