ザ・シティ 金融大冒険物語 浜矩子著

ザ・シティ 金融大冒険物語 浜矩子著

大時代的形容で恐縮だが、これは血沸き肉躍る「シティのドラマ」であり金融論の優れた教科書でもある。18世紀までのシティ前史を踏まえて、19世紀以降、商人(マーチャント)、貴族、産業家たちがどのように連衡、反目しつつシティの基礎を固め、大陸や新大陸と覇を競ったか、変質がいかに生じシティの没落を招いたかが明快に語られる。アナロジーやエピソードの数々は現地駐在もした著者ならでは。レトリックは今回も大いに冴えて十分楽しめる。

まず終章を読むのもよいかもしれない。全編を貫くキーノートは、シティに流れる「海賊精神」と「紳士の魂」の影響下で市場の機能が大きく変わり、そのことが商工業という本来の経済の主役に決定的な影響を及ぼしたということである。今回の金融恐慌も、シティの変質からすれば当然の帰結であったという指摘には、誰しもすんなり納得するだろう。日本を考えるうえでも示唆するところの大きい好著である。(純)

毎日新聞社 1575円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。