目覚める日本 関岡英之著

目覚める日本 関岡英之著

郵政民営化など歴代政権による一連の改革がアメリカの対日要求と軌を一にしていることは、著者によってかねて指摘されてきたところである。このことはアメリカの対日「年次改革要望書」と照合すれば否定のしようがない。

以上の点を中心に前著『拒否できない日本』『奪われる日本』で、著者は日本の国益を危うくするような日本のリーダーたちに一貫して警鐘を鳴らし続けてきた。本書では、こうした事実を黙殺し「改革・開放原理主義」ともいうべき報道、主張を繰り返してきたマスメディアに対しても厳しい批判が展開されている。

前2冊よりも中国批判(長野の聖火リレーへの中国の介入など)にかなりページが割かれていることと、平沼赳夫衆院議員へのインタビューを含めて期待感を表出している点が目につく。日米関係をめぐる問題提起が、関係者やメディアで議論されるような日本であってほしいと思わざるをえない。(純)

PHP研究所 1000円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。