目覚める日本 関岡英之著

目覚める日本 関岡英之著

郵政民営化など歴代政権による一連の改革がアメリカの対日要求と軌を一にしていることは、著者によってかねて指摘されてきたところである。このことはアメリカの対日「年次改革要望書」と照合すれば否定のしようがない。

以上の点を中心に前著『拒否できない日本』『奪われる日本』で、著者は日本の国益を危うくするような日本のリーダーたちに一貫して警鐘を鳴らし続けてきた。本書では、こうした事実を黙殺し「改革・開放原理主義」ともいうべき報道、主張を繰り返してきたマスメディアに対しても厳しい批判が展開されている。

前2冊よりも中国批判(長野の聖火リレーへの中国の介入など)にかなりページが割かれていることと、平沼赳夫衆院議員へのインタビューを含めて期待感を表出している点が目につく。日米関係をめぐる問題提起が、関係者やメディアで議論されるような日本であってほしいと思わざるをえない。(純)

PHP研究所 1000円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。