ビジネスマンのための法務力 芦原一郎著

ビジネスマンのための法務力 芦原一郎著

企業内弁護士が10の具体的な事例を示しながら、知識ゼロからビジネス法務を学べるようにした解説書。

「商品販促のダイレクトメールを送る」を例に考えよう。住所情報を無断利用すれば、クレームや情報漏洩、個人情報保護法違反などの法律リスクが浮上する。しかし萎縮する必要はない。社内体制の整備、情報取得時点での承諾などの工夫で解消できる。

法務力は自己防衛という消極的な意味だけではない。ビジネスの脇を締めスキルを高める能動的な力になる。忙しいビジネスマンは法律知識を増やすことよりも、常識を駆使してリスクを感知することで、仕事の中で必要な法務力を身につけることを提案する。

朝日新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。