ビジネスマンのための法務力 芦原一郎著

ビジネスマンのための法務力 芦原一郎著

企業内弁護士が10の具体的な事例を示しながら、知識ゼロからビジネス法務を学べるようにした解説書。

「商品販促のダイレクトメールを送る」を例に考えよう。住所情報を無断利用すれば、クレームや情報漏洩、個人情報保護法違反などの法律リスクが浮上する。しかし萎縮する必要はない。社内体制の整備、情報取得時点での承諾などの工夫で解消できる。

法務力は自己防衛という消極的な意味だけではない。ビジネスの脇を締めスキルを高める能動的な力になる。忙しいビジネスマンは法律知識を増やすことよりも、常識を駆使してリスクを感知することで、仕事の中で必要な法務力を身につけることを提案する。

朝日新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT