ビジネスマンのための法務力 芦原一郎著

ビジネスマンのための法務力 芦原一郎著

企業内弁護士が10の具体的な事例を示しながら、知識ゼロからビジネス法務を学べるようにした解説書。

「商品販促のダイレクトメールを送る」を例に考えよう。住所情報を無断利用すれば、クレームや情報漏洩、個人情報保護法違反などの法律リスクが浮上する。しかし萎縮する必要はない。社内体制の整備、情報取得時点での承諾などの工夫で解消できる。

法務力は自己防衛という消極的な意味だけではない。ビジネスの脇を締めスキルを高める能動的な力になる。忙しいビジネスマンは法律知識を増やすことよりも、常識を駆使してリスクを感知することで、仕事の中で必要な法務力を身につけることを提案する。

朝日新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族会議のすすめ
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。