トヨタ、タイの政情次第で投資の見直しも

タイ現地法人の棚田京一社長が「苦言」

1月20日、トヨタ自動車タイ現地法人の棚田京一社長は、タイの政情不安が続けば、同国における最大200億バーツの投資を見直すほか、生産を引き下げる可能性があると明らかにした。写真はバンコクの店舗で2011年5月撮影(2014年 ロイター/Chaiwat Subprasom)

[バンコク 20日 ロイター] -トヨタ自動車<7203.T>タイ現地法人の棚田京一社長は20日、タイの政情不安が続けば、同国における最大200億バーツ(6億0900万ドル)の投資を見直すほか、生産を引き下げる可能性があると明らかにした。

トヨタはタイで年80万台規模を生産しており、最大の自動車メーカーとなっている。

同社長は記者会見で、向こう3─4年で年産能力を20万台引き上げる計画は不透明になったと説明。「現在の政治危機が続けば、われわれはタイでの新たな投資を実施しないかもしれない」と述べた。

棚田社長によると、2013年のタイでの生産台数は約85万台となり、タイ国内での販売台数が44万5000台、タイ国外への輸出が約43万台となった。14年目標については、タイ国内販売台数が40万台、タイ国外への輸出台数が44万5000台とした。

また、2014年はタイで業界全体の自動車販売台数が13.6%減の115万台になるとの見通しを示した。消費の弱さや経済成長の鈍化が主因。

棚田社長は、タイでの政情不安が続けば、成長が損なわれ、業界の販売台数がその水準も下回る可能性があると指摘した。

タイ工業連盟(FTI)の発表によると、2013年の国内自動車販売は、7.7%減の133万台だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。