トヨタ、タイの政情次第で投資の見直しも

タイ現地法人の棚田京一社長が「苦言」

1月20日、トヨタ自動車タイ現地法人の棚田京一社長は、タイの政情不安が続けば、同国における最大200億バーツの投資を見直すほか、生産を引き下げる可能性があると明らかにした。写真はバンコクの店舗で2011年5月撮影(2014年 ロイター/Chaiwat Subprasom)

[バンコク 20日 ロイター] -トヨタ自動車<7203.T>タイ現地法人の棚田京一社長は20日、タイの政情不安が続けば、同国における最大200億バーツ(6億0900万ドル)の投資を見直すほか、生産を引き下げる可能性があると明らかにした。

トヨタはタイで年80万台規模を生産しており、最大の自動車メーカーとなっている。

同社長は記者会見で、向こう3─4年で年産能力を20万台引き上げる計画は不透明になったと説明。「現在の政治危機が続けば、われわれはタイでの新たな投資を実施しないかもしれない」と述べた。

棚田社長によると、2013年のタイでの生産台数は約85万台となり、タイ国内での販売台数が44万5000台、タイ国外への輸出が約43万台となった。14年目標については、タイ国内販売台数が40万台、タイ国外への輸出台数が44万5000台とした。

また、2014年はタイで業界全体の自動車販売台数が13.6%減の115万台になるとの見通しを示した。消費の弱さや経済成長の鈍化が主因。

棚田社長は、タイでの政情不安が続けば、成長が損なわれ、業界の販売台数がその水準も下回る可能性があると指摘した。

タイ工業連盟(FTI)の発表によると、2013年の国内自動車販売は、7.7%減の133万台だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT