冝保愛子さん「心霊番組」はなぜ消えたのか

没後16年、YouTubeではいまだ人気

しかし、1995年の地下鉄サリン事件を境に宜保さんをとりまく状況は大きく一変してしまう。死者13人、負傷者およそ6300人という前代未聞のバイオテロを起こしたオウム真理教がオカルトに傾倒していたこともあり、各テレビ局は一斉に心霊番組に関して自粛の方向へと舵を切ったのだ。

「確かに心霊モノは当時、人気でしたが、一方で『うさん臭い』『インチキ』『死者に対して失礼だ』など視聴者からの風当たりもキツくなり、番組作りは常に紙一重のところではありました。そこへ来てオウムの事件が起きたので、まるで手のひら返しのように心霊番組はテレビから姿を消していったのです。

また、霊感商法やマルチ商法など、人の弱みにつけ込んでモノを買わせる犯罪の被害も目立ち始めたこともあり、その煽りを受けて次第に宜保さんもテレビからフェードアウトしていきました。加えて2000年代に入ると、デジカメや写メでの撮影が当たり前になり、心霊写真などは素人でも作り込むことできるようになってしまった。テレビからいっきに心霊番組が消えてしまったのです」(前出のプロデューサー)

科学的裏付けのない「霊」コンテンツは敬遠される

00年代に入り、宜保さんの代わりに世の中の注目を集めていったのが、美輪明宏と江原啓之が出演していた『オーラの泉』(テレビ朝日系)や、歯に衣着せぬ強烈な物言いが主婦層を中心にウケた占い師・細木数子の『ズバリ言うわよ!』(TBS系)といった、スピリチュアル番組や占い番組だ。

かつておどろおどろしい怪談話でお盆の時期のテレビ番組を賑わせていた稲川淳二も、「オリコンニュース」(2014年8月17日付)の取材に対し、ネットやDVDの普及で、お客さん(視聴者)が選べる時代になったので、(心霊現象や怪談を)テレビに求めなくなったと語っている。どこか暗い影を背負った宜保さんの霊視は、時代の流れとともに淘汰されていったのかもしれない。

テレビウォッチャーの中村裕一氏は、テレビ界における宜保さんの存在についてこう分析する。

「テレビでの心霊モノといえば、かつては『お昼のワイドショー』の番組内コーナーだった『怪奇特集!!あなたの知らない世界』が有名ですし、ゴールデンタイムでも特番が組まれるほどの人気ジャンルでした。あそこまでキャラクターが立ち、なおかつ多くの人から愛された霊能者は宜保さんがおそらく最初で最後だと思います。中でも印象的だったのは、霊視の際の落ち着いたたたずまいでした。

本当のところはわかりませんが、本人とごく近しい人間しか知り得ない身の回りの情報を淡々と言い当てるその姿には妙な説得力と安心感があり、彼女の語り口にはともすると“癒し”の効果すらあったと言えるかもしれません。しかし現代はコンプライアンスが厳しくなり、番組制作において情報ひとつ提示するにもすぐに科学的根拠を要求されるため、もはや心霊番組は成立しないとさえ言われています。だからこそ、宜保さんは古き良きテレビの記憶として、人々の心の中にこれから先も生き続けるのではないでしょうか」

高度経済成長、そしてバブルに浮かれた我々に対する“戒め”のような存在としてこの世に現れ、そして静かに去っていった宜保愛子さん。社会格差が拡大するその一方で、新元号や東京オリンピックに向かって浮かれる今の日本の姿を、もし彼女が生きていたら何と言うだろうか。

(文・藤原三星)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT