歴史と外交 靖国・アジア・東京裁判 東郷和彦著

歴史と外交 靖国・アジア・東京裁判 東郷和彦著

34年間外交官を勤めた著者が、戦後60余年を振り返りながら現在この国が直面している外交問題を俯瞰した。

著者の祖父は、太平洋戦争開戦時の東条英機内閣と終戦時の鈴木貫太郎内閣で外相だった東郷茂徳。東京裁判でA級戦犯となった。この事実を著者がどう受け止めたのかから始まり、あの戦争が根である靖国問題、慰安婦問題、歴史教科書問題など、アジア諸外国との軋轢を詳細に分析。日本にとって真に国益となる外交戦略を模索している。

これらの問題を解決するのは容易ではない。置かれた時代状況を見極め、目前の利益と長期的な利益を考慮しながら、相手国の利益も鑑みて最終的に国益を実現していくのが外交だと論じる。

講談社現代新書  840円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。