歴史と外交 靖国・アジア・東京裁判 東郷和彦著

歴史と外交 靖国・アジア・東京裁判 東郷和彦著

34年間外交官を勤めた著者が、戦後60余年を振り返りながら現在この国が直面している外交問題を俯瞰した。

著者の祖父は、太平洋戦争開戦時の東条英機内閣と終戦時の鈴木貫太郎内閣で外相だった東郷茂徳。東京裁判でA級戦犯となった。この事実を著者がどう受け止めたのかから始まり、あの戦争が根である靖国問題、慰安婦問題、歴史教科書問題など、アジア諸外国との軋轢を詳細に分析。日本にとって真に国益となる外交戦略を模索している。

これらの問題を解決するのは容易ではない。置かれた時代状況を見極め、目前の利益と長期的な利益を考慮しながら、相手国の利益も鑑みて最終的に国益を実現していくのが外交だと論じる。

講談社現代新書  840円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT