新宿駅最後の小さなお店ベルク 井野朋也著

新宿駅最後の小さなお店ベルク 井野朋也著

「個人店が生き残るには?」。大手チェーンストア全盛の今、この本書の副題への答えを体現しているのが、著者の経営するビア&カフェのベルク。JR新宿駅東口から徒歩15秒。15坪のセルフサービスのファストフード店に、1日の平均客数は1500人。お世辞にも整然とした空間とはいえないはずなのに、なぜか不思議と落ち着く。

本書を読んでその疑問が氷解した。答えは「人」にあったのだ。ベルクはこの1店舗を社員8人、アルバイト20人で回す。営業時間は長いが、3交代シフトのため1日の実労働時間は7~8時間程度。だからこそ店内隅々に目を配り、迅速なサービス、細やかな配慮を行える。

そんな同店は今、駅ビルオーナーから立ち退きを迫られている。理由は「ファッションビルだから、飲食店はいらない」。これにはベルクの顧客が激怒。すでに営業継続を求め1万筆を超える署名が集まっている。

ブルース・インターアクションズ 1680円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT