新宿駅最後の小さなお店ベルク 井野朋也著

新宿駅最後の小さなお店ベルク 井野朋也著

「個人店が生き残るには?」。大手チェーンストア全盛の今、この本書の副題への答えを体現しているのが、著者の経営するビア&カフェのベルク。JR新宿駅東口から徒歩15秒。15坪のセルフサービスのファストフード店に、1日の平均客数は1500人。お世辞にも整然とした空間とはいえないはずなのに、なぜか不思議と落ち着く。

本書を読んでその疑問が氷解した。答えは「人」にあったのだ。ベルクはこの1店舗を社員8人、アルバイト20人で回す。営業時間は長いが、3交代シフトのため1日の実労働時間は7~8時間程度。だからこそ店内隅々に目を配り、迅速なサービス、細やかな配慮を行える。

そんな同店は今、駅ビルオーナーから立ち退きを迫られている。理由は「ファッションビルだから、飲食店はいらない」。これにはベルクの顧客が激怒。すでに営業継続を求め1万筆を超える署名が集まっている。

ブルース・インターアクションズ 1680円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。