ロシアはどこに行くのか タンデム型デモクラシーの限界 中村逸郎著

ロシアはどこに行くのか タンデム型デモクラシーの限界 中村逸郎著

大統領職を退いた後もロシア政治の実権を握るプーチン首相。メドベージェフ大統領との間のタンデム(2頭立て馬車)体制の先行きはどうなるのか。再び「偉大な国家」を目指すロシアの生の声を集めながら研究者が予想した。

出席料10万円のパーティに集まる富豪がいる一方、大半の市民は物価上昇に苦しみ社会の分断が生じている。公務員が増えて汚職が広がる。与党統一ロシアの支配力が増し、不正選挙が黙認される。こうした現実があるものの経済の安定と国力の回復がプーチンを“国父”視させ、今でも強い影響力を残す。

二頭体制は当面続くが、最近「強さ」を誇示する現大統領の動きが対立をもたらさないか、著者は注目している。

講談社現代新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。