メルケル首相、ファーウェイの5G網構築に条件

ドイツはファーウェイとどうつきあうのか

 2月5日、日中のメルケル独首相(写真)は、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)について、中国政府にデータを引き渡さないとの保証が得られない限り、ドイツの5G(第5世代)通信網構築には参加させないと述べた。慶応大学で撮影(2019年 ロイター/ISSEI KATO)

[東京 5日 ロイター] - 来日中のメルケル独首相は5日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)について、中国政府にデータを引き渡さないとの保証が得られない限り、ドイツの5G(第5世代)通信網構築には参加させないと述べた。

同首相は、セキュリティー上の懸念があり、「(ファーウェイが)国にデータを引き渡さない」ようにするため、中国政府と協議することが重要だと発言。ドイツで事業を展開したいのであれば、セキュリティーは重要な問題になるとし、中国政府が中国製品のデータに一切アクセスできないことを明確にする必要があるとの認識を示した。

慶応大学で学生と議論した際に見解を示した。

ファーウェイを巡っては、中国政府がスパイ活動のために同社の技術を利用するのではないかとの懸念が浮上しているが、同社は疑惑を否定している。

ドイツ政府は、安全保障上の理由で他国に追随してファーウェイの製品を排除するかどうか結論を出していない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT