世界中で警戒されるファーウェイとは何者か

スライドで解説!中国・通信機器大手の正体

中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の創業者の娘が逮捕されたことで、世界連鎖株安になるなど、影響が広がっている(記者撮影)

12月5日、カナダ司法省は中国通信機器の大手、華為技術(ファーウェイ)の創業者の娘である孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)を逮捕したことを明らかにした。アメリカが経済制裁を科すイランに製品を違法に輸出した疑いで、アメリカ当局が孟氏の拘束を要請していた。

逮捕をきっかけに米国株やアジア株は軒並み下落。今回の逮捕が米中貿易摩擦の激化に拍車をかけるとの懸念が広がった。ファーウェイは売上高10兆円を超える通信機器会社だが、その実態はどうなっているのか。本記事では基本的な内容をスライド方式で解説していく。

 
次ページ創業者はどういう人物?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT