世界中で警戒されるファーウェイとは何者か

スライドで解説!中国・通信機器大手の正体

中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の創業者の娘が逮捕されたことで、世界連鎖株安になるなど、影響が広がっている(記者撮影)

12月5日、カナダ司法省は中国通信機器の大手、華為技術(ファーウェイ)の創業者の娘である孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)を逮捕したことを明らかにした。アメリカが経済制裁を科すイランに製品を違法に輸出した疑いで、アメリカ当局が孟氏の拘束を要請していた。

逮捕をきっかけに米国株やアジア株は軒並み下落。今回の逮捕が米中貿易摩擦の激化に拍車をかけるとの懸念が広がった。ファーウェイは売上高10兆円を超える通信機器会社だが、その実態はどうなっているのか。本記事では基本的な内容をスライド方式で解説していく。

 
次ページ創業者はどういう人物?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。