世界中で警戒されるファーウェイとは何者か

スライドで解説!中国・通信機器大手の正体

中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の創業者の娘が逮捕されたことで、世界連鎖株安になるなど、影響が広がっている(記者撮影)

12月5日、カナダ司法省は中国通信機器の大手、華為技術(ファーウェイ)の創業者の娘である孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)を逮捕したことを明らかにした。アメリカが経済制裁を科すイランに製品を違法に輸出した疑いで、アメリカ当局が孟氏の拘束を要請していた。

逮捕をきっかけに米国株やアジア株は軒並み下落。今回の逮捕が米中貿易摩擦の激化に拍車をかけるとの懸念が広がった。ファーウェイは売上高10兆円を超える通信機器会社だが、その実態はどうなっているのか。本記事では基本的な内容をスライド方式で解説していく。

 
次ページ創業者はどういう人物?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。