【産業天気図・人材サービス】景気急減速で製造業中心に空前の「派遣切り」が勃発、一転「雨」降りに

予想天気
 08年10月~09年3月   09年4月~9月

人材サービス産業の天気は前回(9月)の「曇り」予想から悪化、2008年度後半は「雨」、この雨模様は少なくとも09年前半まで続きそうだ。景気後退で製造業中心に「派遣切り」が広がってきている。
 
 ちょうど一年前までは、東名阪など大都市部を中心に事務派遣から製造派遣まで需給逼迫状態が続いており、各社とも派遣社員の確保には苦労しており、客先の需要には陰りはまるで見えなかった。08年度前半に入っても不透明感こそ増したが、それでも各社固めにみていた計画線は問題なく達成してきた。

ところが、08年の秋口に入ると、米国発の金融危機が実体経済へと波及。米国を主力市場とする自動車大手各社が大幅減額、減産を発表するに至った。それと同時に、派遣社員など非正規雇用にも大ナタを振るった。「派遣切り」の嵐は自動車産業から始まり、ソニーが8000人の派遣・請負社員の削減を発表するなど電気や他産業でも同様の動きが急速に進んでいる。厚生労働省の調査によれば、08年10月~09年3月までに約3万人の非正規雇用労働者が雇い止めや中途解約をされ、職を失う見通しだ。
 
 こうした情勢の直撃を受けたのが、製造派遣の各社だ。半導体向け派遣のユナイテッド・テクノロジー・ホールディングス<2146>は客先の生産調整が響き、09年3月期は会社計画は未達の見通し。アウトソーシング<2427>、日本マニュファクチャリングサービス<2162>も期初計画の大幅減額を発表した。

事務派遣も厳しい。成長の牽引役だった金融や自動車向けが軒並み大幅減。社会保険の負担増も響き、大手のパソナグループ<2168>、テンプホールディング<2181>とも低調に推移している。メーカーの研究開発部門への技術者派遣はまだ急激な落ち込みは見えないが、先行き不安は強く、最大手のメイテック<9744>は今期小幅増益予想から一転、前期比8%弱の減益となる見通しだ。
(風間 直樹)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT