【産業天気図・情報・通信業】通信キャリアは好業績をキープだが、販売台数後退で業界全体では「曇り」

予想天気
 08年10月~09年3月   09年4月~9月

2008年度後半の通信業界は、NTTドコモ<9437>、KDDI<9433>、ソフトバンク<9984>の3大携帯通信事業者はいずれも営業増益見込みで「晴れ」の様相。だが販売台数の落ち込みが厳しく端末メーカーや中小販売代理店は苦戦、業界全体では「曇り」。09年度も携帯キャリアの業績はほぼ安定推移だが、業界全体では「曇り」が続きそうだ。
 
 市場成熟化、通信料値下げの一方で端末価格値上げによる割賦販売方式の浸透で、買い替え期間が長期化している携帯市場。大商戦を迎える後半は各社とも気合いが入っている。いち早く割賦販売を導入したソフトバンクのユーザーの中には、2年割賦が終了し「買い替え適齢期」に入ったユーザーが出てくる。NTTドコモもmovaから現在主流のFOMA端末への移行を促進しており、上半期に比べれば買い替え需要は活性化しそう。とはいえ、携帯販売台数は07年度の5000万台超から08年度は約4000万台に減る見込みだ。
 
 端末メーカーは新規販売台数減少が業績に大きく響くが、携帯キャリアの場合、契約者から安定した月額収入が得られるうえ、割賦販売開始直後は代理店への手数料削減効果が出る。08年度のNTTドコモがその典型だ。KDDIは割賦販売の導入が遅かったため、08年度と09年度にかけてその効果を享受できそうだ。

一方、他社に先駆けて割賦販売を導入したソフトバンクは07年度に大幅営業増益を達成したが、08年度は小幅営業増益にとどまる見通し。同社は金融危機の影響を大きく受けた一社でもある。有利子負債(約2兆5000億円)の多さから資金繰り等が不安視されていたが、非開示だった業績予想を明らかにし、金融商品のリスク開示に踏み切ったことで、ひとまず投資家の不安払拭には成功している。
 
 08年度後半から09年度にかけては、アップルのアイフォーンや台湾HTCのタッチダイヤモンドに代表される「スマートフォン」という新たな市場が、どれだけ定着するかがポイントになりそうだ。ウィンドウズやマックOSなど汎用的なOS(基本ソフト)を用いたスマートフォンは世界各地で裾野を広げており、日本でも製品ラインナップが拡充し始めている。また、イー・モバイル(イー・アクセスの持分会社)がミニPCとセット販売したことが火付け役となり、通信データカード市場が拡大している。この勢いが続くかどうかにも注目だ。
(高橋 志津子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT