情報革命バブルの崩壊 山本一郎著

情報革命バブルの崩壊 山本一郎著

インフラ整備費も高度な情報通信技術も利用料に転化できない「無料文化」で成り立つネット業界のビジネスモデル。黎明期からネット業界の内側でカネと言論を見続けてきた著者は、カネ余りの時代だからこそ可能なバブルにすぎなかったと判断する。

ライブドア事件に象徴されるネット関連企業とマネーゲーム、通信業界の成長に伴い一時はソニーを上回る時価総額を持っていたソフトバンクの行方など、IT業界のここ十数年を検証する。

世界経済が収縮する時代に無料というルールはどう変わっていくのか、ネットが普通の社会の延長線上にあるためには、一般社会の価値観や秩序の枠組みの中に取り戻されるべきと指摘している。

文春新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT