情報革命バブルの崩壊 山本一郎著

情報革命バブルの崩壊 山本一郎著

インフラ整備費も高度な情報通信技術も利用料に転化できない「無料文化」で成り立つネット業界のビジネスモデル。黎明期からネット業界の内側でカネと言論を見続けてきた著者は、カネ余りの時代だからこそ可能なバブルにすぎなかったと判断する。

ライブドア事件に象徴されるネット関連企業とマネーゲーム、通信業界の成長に伴い一時はソニーを上回る時価総額を持っていたソフトバンクの行方など、IT業界のここ十数年を検証する。

世界経済が収縮する時代に無料というルールはどう変わっていくのか、ネットが普通の社会の延長線上にあるためには、一般社会の価値観や秩序の枠組みの中に取り戻されるべきと指摘している。

文春新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • インフレが日本を救う
  • 30歳とお金のリアル
  • 北朝鮮ニュース
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。