情報革命バブルの崩壊 山本一郎著

情報革命バブルの崩壊 山本一郎著

インフラ整備費も高度な情報通信技術も利用料に転化できない「無料文化」で成り立つネット業界のビジネスモデル。黎明期からネット業界の内側でカネと言論を見続けてきた著者は、カネ余りの時代だからこそ可能なバブルにすぎなかったと判断する。

ライブドア事件に象徴されるネット関連企業とマネーゲーム、通信業界の成長に伴い一時はソニーを上回る時価総額を持っていたソフトバンクの行方など、IT業界のここ十数年を検証する。

世界経済が収縮する時代に無料というルールはどう変わっていくのか、ネットが普通の社会の延長線上にあるためには、一般社会の価値観や秩序の枠組みの中に取り戻されるべきと指摘している。

文春新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。