情報革命バブルの崩壊 山本一郎著

情報革命バブルの崩壊 山本一郎著

インフラ整備費も高度な情報通信技術も利用料に転化できない「無料文化」で成り立つネット業界のビジネスモデル。黎明期からネット業界の内側でカネと言論を見続けてきた著者は、カネ余りの時代だからこそ可能なバブルにすぎなかったと判断する。

ライブドア事件に象徴されるネット関連企業とマネーゲーム、通信業界の成長に伴い一時はソニーを上回る時価総額を持っていたソフトバンクの行方など、IT業界のここ十数年を検証する。

世界経済が収縮する時代に無料というルールはどう変わっていくのか、ネットが普通の社会の延長線上にあるためには、一般社会の価値観や秩序の枠組みの中に取り戻されるべきと指摘している。

文春新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT