ネオKGB帝国 塩原俊彦著

ネオKGB帝国 塩原俊彦著

石油価格の激変に一喜一憂する資源大国ロシアは、実は今も旧ソ連の幻影に脅かされている。

国家機関、産業の至る所でシロヴィキと呼ばれる旧KGBに連なる治安関係者が利権をむさぼる。腐敗も蔓延する。さらに旧KGBを必ずしも嫌っていない国民意識もある。

ソ連時代の人員300万の軍隊を100万にまで削減しようとする軍改革はいまだその途上にある。核大国ではあっても、軍事力の低下は覆いようがなく、勢い、ロシアの旧勢力圏が侵食されつつある現状への焦りがある。その回復と国益を高めるために恫喝外交を繰り返す。

メドベージェフ大統領の強権的抑圧政治が、ともかく迎え入れられているのは、大国化を願う帝政時代からのロシアの国民性がある。また、石油・ガス・武器輸出からの膨大な利権に群がる闇の勢力からの支持もそれを可能にしている。

本書はこれらの事情を克明に描く。

東洋書店 1785円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。