世界が絶賛、「ハローキティ新幹線」の衝撃度

白地にピンク「まるで旅客機」完成への舞台裏

1号車の「HELLO! PLAZA」では西日本の各地域を期間限定で紹介し、物販も行う(撮影:尾形文繁)

車内はどうか。1~2号車の車内はハローキティでいっぱいだ。1号車はハローキティの限定グッズや地域の特産品が購入できる「HELLO! PLAZA」として使われる。2号車はハローキティ仕様の客室。窓のブラインドやヘッドレストのカバーにハローキティのイラストが描かれ、ハローキティと一緒に記念撮影ができるフォトスポットもある。

2号車は「KAWAII! ROOM」として、ハローキティのデザインが施されている(撮影:尾形文繁)

ほかにもハローキティのイラストが車両のあちこちに隠れている。ユニークなのは和式トイレ。ドアを開けるとハローキティのお友達キャラ「ジュディ」のイラストが張られている。一方で洋式トイレにイラストは張られていない。「和式トイレを使ってもらいたいからか」と、JR西日本の担当者に尋ねたところ、予想外の答えが返ってきた。

和式トイレにはハローキティの友達キャラクター「ジュディ」が描かれている(撮影:尾形文繁)

「使ってもらうというよりも、ドアを開けて楽しんでもらいたいからです」。JR西日本によると、欧米を中心とした外国の人々にとって和式トイレは珍しい存在だ。そのため用を足さずに、ドアを開けて中をのぞく外国人の乗客が少なくないという。ハローキティ新幹線の和式トイレでジュディが出迎えたら、海外のキティ愛好家は大喜びだろう。

海外メディアが大興奮

海外でもハローキティは絶大な人気を誇る。報道公開の模様を、仏女性ファッション誌『エル』のウェブサイトが「これだけはいつか乗りたい」と写真付きで紹介したほか、英の公共放送であるBBCも男性ニュースキャスターが興奮ぎみに報じた。

コラボ新幹線のベースとなったオリジナルの「500系」。かつては東海道新幹線にも乗り入れていた(撮影:吉野純治)

初登場から20年余りを経た500系のデザインはまったく古びることがない。流線形のスタイルは、仏TGVや独ICE3といった海外の高速鉄道車両と比較しても抜群に格好いい。JR西日本はオリジナルの500系をもっとアピールしてもよいのではないかと思う。

それはさておき、ハローキティが持つ世界への圧倒的な情報発信力を使わない手はない。ハローキティ新幹線の登場で、世界中の人に新幹線のよさが伝わり、「新幹線に乗りたい」と思ってもらえるなら、海外高速鉄道の受注競争においても望外の援軍になるかもしれない。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT