米テスラ社員が「大規模かつ有害な妨害工作」

イーロン・マスクCEOが社員宛てメールで説明

 6月18日、米電気自動車大手テスラのマスク最高経営責任者(CEO)は、従業員宛て電子メールで、ある社員が同社の業務に対して「大規模かつ有害な妨害工作」を行ったと主張した。写真はケネディー宇宙センターで記者会見に応じる同CEO。2月撮影(2018年 ロイター/Joe Skipper)

[サンフランシスコ 18日 ロイター] - 米電気自動車大手テスラ<TSLA.O>のマスク最高経営責任者(CEO)は18日、従業員宛て電子メールで、ある社員が同社の業務に対して「大規模かつ有害な妨害工作」を行ったと主張した。

妨害工作には製造オペレーティング・システムのコード変更やテスラの機密データを第3者に送付することなどが含まれたという。詳細は明かされていない。

マスク氏は「彼の行動についてはまだ十分に把握していないが、これまで彼が認めたことはかなり悪質だ」と説明。希望通りに昇進しなかったことが動機だと話しているという。

ロイターはメールで主張されている内容について確認を取れていない。

マスク氏のメールによると、テスラはこの問題についての調査を今週行う予定。妨害工作を行った人物が単独で行動したのか、「外部組織」と協力していたのかを調べる必要があると書かれている。

マスク氏は「テスラが消滅することを願っている組織は数多くある」との見解を示し、ウォール街の空売り投資家や石油・ガス会社、競合する自動車メーカーが含まれるとした。具体名は挙げなかった。

マスク氏はこの日、従業員に別の電子メールも送っており、17日に同社の施設で「小規模な火災」があったと明らかにしていた。ロイターはメールを確認した。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT