ツイッター、W杯など大ニュースの表示拡大

「肩に止まった小鳥のような存在に」

 6月13日、米ツイッターは、サッカーのワールドカップ(W杯)やロイヤルウエディング、大地震などの自然災害、選挙といった大きなニュースを知らせる表示を拡大する仕様に変更すると発表した。写真はツイッターのアイコン。昨年8月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

[サンフランシスコ 13日 ロイター] - 米ツイッター<TWTR.N>は13日、サッカーのワールドカップ(W杯)やロイヤルウエディング、大地震などの自然災害、選挙といった大きなニュースを知らせる表示を拡大する仕様に変更すると発表した。

ツイッターは利用者が興味を持ちそうな出来事が起きた際に、アプリを使って知らせる機能を新設する。

ツイッターのキース・コールマン副社長は、重大ニュースがタイムラインの一番上に表示され、利用者がスマホでツイッター画面を開いた際に最初に目にできると説明。報道陣に対し「知る必要がある出来事を教えてくれる肩に止まった小鳥のような存在になりたい」と述べた。

ツイッターはこれまで、フェイスブックのように家族や友人に関する投稿が目立つソーシャルネットワーク(SNS)と差をつけるため、ライブイベントや速報を強調する仕様だった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 中学受験のリアル
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。