ツイッター、W杯など大ニュースの表示拡大

「肩に止まった小鳥のような存在に」

 6月13日、米ツイッターは、サッカーのワールドカップ(W杯)やロイヤルウエディング、大地震などの自然災害、選挙といった大きなニュースを知らせる表示を拡大する仕様に変更すると発表した。写真はツイッターのアイコン。昨年8月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

[サンフランシスコ 13日 ロイター] - 米ツイッター<TWTR.N>は13日、サッカーのワールドカップ(W杯)やロイヤルウエディング、大地震などの自然災害、選挙といった大きなニュースを知らせる表示を拡大する仕様に変更すると発表した。

ツイッターは利用者が興味を持ちそうな出来事が起きた際に、アプリを使って知らせる機能を新設する。

ツイッターのキース・コールマン副社長は、重大ニュースがタイムラインの一番上に表示され、利用者がスマホでツイッター画面を開いた際に最初に目にできると説明。報道陣に対し「知る必要がある出来事を教えてくれる肩に止まった小鳥のような存在になりたい」と述べた。

ツイッターはこれまで、フェイスブックのように家族や友人に関する投稿が目立つソーシャルネットワーク(SNS)と差をつけるため、ライブイベントや速報を強調する仕様だった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT