グーグル、メキシコ全土にWiFi網を設置へ

当初は56カ所に設置

 3月13日、米アルファベット傘下のグーグルは、メキシコ全土で無料の無線LAN「WiFi」に接続可能な「ホットスポット」網を設置すると発表した。写真はグーグルステーションのロゴ。メキシコ市で撮影(2018年 ロイター/Tomas Bravo)

[メキシコ市 13日 ロイター] - 米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルは13日、メキシコ全土で無料の無線LAN「WiFi」に接続可能な「ホットスポット」網を設置すると発表した。新興市場国で無線LANの接続性を高め、顧客層を広げる取り組みの一環。

グーグルは人通りの多い場所に広告付きのWiFiホットスポット網を設けるプロジェクト、「グーグル・ステーション」を進めており、既にインドとインドネシアで計画を始めている。メキシコは3カ国目で、中南米では初めて。当初は56カ所に設置する。

メキシコは2013─14年の通信改革で独占体制が崩れてから通信の接続性が大幅に改善。経済協力開発機構(OECD)によると、2013年から16年にかけてインターネットに接続可能な国民が2000万人増えたが、まだ他のOECD加盟諸国を大幅に下回っている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。