会社員から鉄道小説家に転身、「成功の鍵」は?

最初は小説よりも企画書のような文体だった

誰でも小説家になれるのだろうか。豊田は、長年培った経験の中から、「自分の売り」をつくるのも1つの手だと言う。豊田の売りはリアリティだ。プロットを組んだらすべての路線を実際に旅して歩く。

豊田 巧(とよだ たくみ)/小説家 1967年生まれ。元ゲームメーカーの家庭用・業務用ゲームの広告宣伝部門責任者を経て小説家に転身。代表作は『電車で行こう!』シリーズ、 『RAIL WARS! -日本國有鉄道公安隊-』シリーズなど

たとえば『電車で行こう!』なら子どもの旅だから、あえて昼間に限定して鉄道の取材に回り、その時間に何がどこから見えるのかも全部チェックして原稿に反映させる。サラリーマン時代にゲーム「電車でGO!」の宣伝をしていたとき、鉄道ファンたちのリアリティに対するこだわりに接し、その重要性を見抜いたのであろう。

ゲームメーカーの宣伝を経て、40代半ばから第二の小説家人生を邁進中の豊田巧。転職1年目で小説家デビュー。以後、6年間で70冊刊行という、端から見たら順風満帆な『LIFE SHIFT』に見えるかもしれない。

プロの助言は素直に従え

しかし、そこに至るまでは決して平坦な道ではなかった。ひとりで歩いて来られた道でもなかった。転機となった分かれ道には何人もプロに教えを乞うた。だから、今日の豊田がある。そんな豊田は、今でもたくさんの決まりごとを自分に課している。

わからないことは必ず人に聞く。プロの言うことは素直に従う。こだわりを捨てる。どうしても自分のこだわりが捨てられない部分での勝負こそ慎重に。50年生きてきて学んだものはすべて生かす。年間10冊以上の本を書く。元日から仕事をする。取材は登場人物になった気分で綿密に。プロットがボツになったら、イチから練り直す……。こうした積み重ねが、これからも豊田の『LIFE SHIFT』した人生を支えていくのであろう。

豊田があこがれる西村京太郎は、東京スカイツリーの高さを超える冊数(635冊)までは書きたいという夢があるという。豊田にも夢がある。それは『電車で行こう!』を100巻出すことだ。きっと、それほど遠くない将来に、その夢は実現するだろう。また、その頃にはどんな人に出会い、どんなジャンルの小説に挑戦し、新しい人生を歩んでいるのか、豊田巧はいつまでも目が離せない作家なのである。=敬称略=

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT