大久保で35年、24時間保育園園長が語る実情

なぜドキュメンタリー映画に? 

最初に預けにきた母親は、歌舞伎町で働くホステス。0歳の女の子だった。丁寧に、大切にお世話をした。でも、翌日になっても母親は迎えに来ない。片野さんは彼女を信じ、泊まり込んで迎えを待った。警察には届けなかった。1週間後、園に現れた母親は「お金がないと言うと預かってもらえないと思った」と泣きながら、保育料を差し出した。片野さんは言う。

「母親は1週間働きながら悩んで、田舎に帰ることを決めていた。『そのお金は持って帰っていいよ』と言いました。私たちも全然お金なかったけど(笑)」

開園3カ月を過ぎると子どもが集まるようになった。規模も徐々に拡大。保育士も15人以上に増えた。仁志さんが通販カタログ事業を起こし、資金を調達。それを保育園に転用した。だが、無認可であることは変わらず、行政からの補助金は1円も出ない。行政の担当者からは「どんな保育をしているのかわからない」と目の敵にされた。

保護者7割がキャリア

「行政マンとはずっとケンカしてきた。若いころには都庁まで行って、机の脚を蹴ってきたこともありますよ。保育の質には絶対の自信があったけど、無認可だと彼らの姿勢は絶対に変わらない。だから17年前に認可の獲得運動を起こしたんです」

行政と闘いながら、親戚や知人、保護者にも頼み込んで、社会福祉法人設立のために1億3千万円もの資金を調達した。今では、社会福祉法人「杉の子会」として、民間学童「エイビイシイ風の子クラブ」も運営する。完全オーガニック食材の給食や注意欠陥・多動性障害のある子どもへの療育プログラムを導入するなど、画期的な試みも評価されている。とはいえ、認可の夜間保育園は、全国に約80カ所しかない。一方で、無認可のベビーホテルも含め、夜間に預けられている子どもは全国に約3万人いる。

「女性の働き方が多様化している今、園の保護者の7割がキャリアです。私は夜間保育園が増えればいいとは思っていない。でも、今は本当に必要なところも足りていない。夜に働く親たちのもとにいる子どもを中心に考えてほしい。まだ行政にも残っている偏見が、少しでも減ることを祈っています」

映画では、同園だけでなく沖縄県や新潟県、北海道の夜間保育園の現場も描く。そこに映るのは「夜も親に会えない、かわいそうな子たち」ではない。ケラケラ笑って、すぐに泣く。私たちの隣にいる子どもたちが暮らす姿がある。

(編集部・作田裕史)

※AERA 2017年10月9日号

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT