大久保で35年、24時間保育園園長が語る実情

なぜドキュメンタリー映画に? 

中央が片野清美園長。映画「夜間もやってる保育園」は、ポレポレ東中野(東京都)ほか全国で順次公開中(写真:東風提供)

9月30日、大宮浩一監督「夜間もやってる保育園」が公開された。24時間保育の実態と課題を浮かび上がらせている。

「子育て支援といえば昼間の保育園の子ばかりで、夜間保育の子はずっと偏見にさらされたまま。おかしいじゃないかという思いがありました。映画には、この状況を少しでも変えたいという思いが詰まっています」

こう語るのは、東京の繁華街・歌舞伎町に隣接する大久保で24時間保育を行う「エイビイシイ保育園」の片野清美園長(67)。映画「夜間もやってる保育園」が制作されたのは、片野さんが大宮浩一監督に「映画を作ってほしい」と手紙を出したことがきっかけだった。圧倒的な熱量と一本気な性格、そして憎めない“おかん”キャラ。何の面識もない大宮監督の心を動かしたのは、片野さんの人柄だった。

迎えに来ない母親

片野さんは地元の福岡県小倉市(現・北九州市)で27歳まで保育士として勤務したのち、夫の仁志さん(現・理事長)と出会い、32歳で上京。夫婦で歌舞伎町のクラブで働き、わずか4カ月間で180万円をためた。それを初期費用として、1983年8月、職安通りのビルの一室で前身となる「ABC乳児保育園」を開設した。歌舞伎町で働くママたちが、いかに苦労しているかを肌身で知った片野さんは、最初から24時間保育をすると決めていた。だが、最初は全然子どもが集まらない。必死に営業活動をして回った。

次ページ歌舞伎町で働くホステスが子どもを預けにきた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT