ティファニー、新CEOに競合の幹部を招聘

ブルガリ元幹部のボリオーロ氏

 7月13日、米宝飾品大手ティファニーは、ブルガリの元幹部アレッサンドロ・ボリオーロ氏が10月2日付で最高経営責任者(CEO)に就任すると発表した。3月撮影(2017年 ロイター/Lucy Nicholson)

[13日 ロイター] - 米宝飾品大手ティファニー<TIF.N>は、ブルガリの元幹部アレッサンドロ・ボリオーロ氏が10月2日付で最高経営責任者(CEO)に就任すると発表した。

ボリオーロ氏は直近では、衣料品ディーゼルのCEOを務めていた。

ティファニーでは今年2月、業績不振を受けてフレデリック・キュメナル氏がCEOを辞任。

その後、ヘッジファンドのJANAパートナーズとの間で、ブルガリのフランチェスコ・トラパニ元CEOを含む取締役3人を指名することで合意した。

トラパニ氏は、ボリオーロ氏を指名したCEO選任委員会のメンバーだった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。