ダリの遺体が今になって掘り出されるワケ

娘と名乗る女性とのDNA鑑定のため

 6月26日、マドリードの裁判所は、シュールレアリズムの画家サルバドール・ダリの娘と主張する女性の訴えを受け、ダリの遺体を掘り出してDNAサンプルを抽出するよう判事が指示したと明らかにした。写真は2014年10月、ロシアでの展示会で撮影(2017年 ロイター/Alexander Demianchuk )

[マドリード 26日 ロイター] - マドリードの裁判所は26日、シュールレアリズムの画家サルバドール・ダリの娘と主張する女性の訴えを受け、ダリの遺体を掘り出してDNAサンプルを抽出するよう判事が指示したと明らかにした。

女性は北東部ギローナ出身で、1956年生まれ。パイス紙によると、母親がダリの家の家政婦として働いていた1950年代にダリと関係を持ったとし、2007年から父親の認知を求めて訴訟を続けている。  裁判所は、ほかに生物的な遺物が存在しないことからDNA鑑定が必要との見解を示した。女性は2015年、パイス紙とのインタビューで、過去に3回DNA鑑定を受けたが結果を受け取っていないと述べている。

ダリは1989年に84歳で死去した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT