ダリの遺体が今になって掘り出されるワケ

娘と名乗る女性とのDNA鑑定のため

 6月26日、マドリードの裁判所は、シュールレアリズムの画家サルバドール・ダリの娘と主張する女性の訴えを受け、ダリの遺体を掘り出してDNAサンプルを抽出するよう判事が指示したと明らかにした。写真は2014年10月、ロシアでの展示会で撮影(2017年 ロイター/Alexander Demianchuk )

[マドリード 26日 ロイター] - マドリードの裁判所は26日、シュールレアリズムの画家サルバドール・ダリの娘と主張する女性の訴えを受け、ダリの遺体を掘り出してDNAサンプルを抽出するよう判事が指示したと明らかにした。

女性は北東部ギローナ出身で、1956年生まれ。パイス紙によると、母親がダリの家の家政婦として働いていた1950年代にダリと関係を持ったとし、2007年から父親の認知を求めて訴訟を続けている。  裁判所は、ほかに生物的な遺物が存在しないことからDNA鑑定が必要との見解を示した。女性は2015年、パイス紙とのインタビューで、過去に3回DNA鑑定を受けたが結果を受け取っていないと述べている。

ダリは1989年に84歳で死去した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。