ダリの遺体が今になって掘り出されるワケ

娘と名乗る女性とのDNA鑑定のため

 6月26日、マドリードの裁判所は、シュールレアリズムの画家サルバドール・ダリの娘と主張する女性の訴えを受け、ダリの遺体を掘り出してDNAサンプルを抽出するよう判事が指示したと明らかにした。写真は2014年10月、ロシアでの展示会で撮影(2017年 ロイター/Alexander Demianchuk )

[マドリード 26日 ロイター] - マドリードの裁判所は26日、シュールレアリズムの画家サルバドール・ダリの娘と主張する女性の訴えを受け、ダリの遺体を掘り出してDNAサンプルを抽出するよう判事が指示したと明らかにした。

女性は北東部ギローナ出身で、1956年生まれ。パイス紙によると、母親がダリの家の家政婦として働いていた1950年代にダリと関係を持ったとし、2007年から父親の認知を求めて訴訟を続けている。  裁判所は、ほかに生物的な遺物が存在しないことからDNA鑑定が必要との見解を示した。女性は2015年、パイス紙とのインタビューで、過去に3回DNA鑑定を受けたが結果を受け取っていないと述べている。

ダリは1989年に84歳で死去した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT