グーグル、無料Gメールの分析を年内に中止

法人向け有料Gメールと同じルールを適用へ

写真はロサンゼルスで3月撮影(2017年 ロイター/Lucy Nicholson)

[23日 ロイター] - 米アルファベット傘下のグーグル<GOOGL.O>は23日、無料電子メールサービス「Gメール」について、個人別の広告設定のために行っているメール内容の分析を年内に終了することを明らかにした。

法人向けのサービス「Gスイート」と対応を統一する。

メール内容の分析に対しては、プライバシーの保護に反するとの批判が出ていた。

Gスイートは、過去1年で法人ユーザーが増えており、300万社以上が有料で利用しているという。

Gメールの利用者は全世界で12億人以上。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。