グーグル、無料Gメールの分析を年内に中止

法人向け有料Gメールと同じルールを適用へ

写真はロサンゼルスで3月撮影(2017年 ロイター/Lucy Nicholson)

[23日 ロイター] - 米アルファベット傘下のグーグル<GOOGL.O>は23日、無料電子メールサービス「Gメール」について、個人別の広告設定のために行っているメール内容の分析を年内に終了することを明らかにした。

法人向けのサービス「Gスイート」と対応を統一する。

メール内容の分析に対しては、プライバシーの保護に反するとの批判が出ていた。

Gスイートは、過去1年で法人ユーザーが増えており、300万社以上が有料で利用しているという。

Gメールの利用者は全世界で12億人以上。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT