東芝が東証2部に降格、5816億円の債務超過

実施は8月1日付、有価証券報告書提出も延期

 6月23日、東芝が8月1日付で東証2部に降格する。東証が発表した。2部降格の理由について東証は、今年3月末時点で東芝が債務超過状態であることが確認されたためとしている。写真は川崎で2月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 23日 ロイター] - 東芝<6502.T>が8月1日付で東証2部に降格する。東証が23日発表した。2部降格の理由について東証は、今年3月末時点で東芝が債務超過状態であることが確認されたためとしている。

東芝は同日、6月末が提出期限となっている2017年3月期の有価証券報告書について、期限の延長を関東財務局に申請し、承認を受けた。次の期限は8月10日。

東芝は、17年3月期の業績見通しを併せて発表。17年3月末の債務超過額は5816億円の見通し。5月時点予想に比べて416億円増えている。

午後5時から綱川智社長らが記者会見する。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT