東芝が東証2部に降格、5816億円の債務超過

実施は8月1日付、有価証券報告書提出も延期

 6月23日、東芝が8月1日付で東証2部に降格する。東証が発表した。2部降格の理由について東証は、今年3月末時点で東芝が債務超過状態であることが確認されたためとしている。写真は川崎で2月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 23日 ロイター] - 東芝<6502.T>が8月1日付で東証2部に降格する。東証が23日発表した。2部降格の理由について東証は、今年3月末時点で東芝が債務超過状態であることが確認されたためとしている。

東芝は同日、6月末が提出期限となっている2017年3月期の有価証券報告書について、期限の延長を関東財務局に申請し、承認を受けた。次の期限は8月10日。

東芝は、17年3月期の業績見通しを併せて発表。17年3月末の債務超過額は5816億円の見通し。5月時点予想に比べて416億円増えている。

午後5時から綱川智社長らが記者会見する。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。