ソニーのTV幹部2人、アップルが引き抜く

動画番組制作全般を監督する新たな役職に

 6月16日、米アップルは、ソニー・ピクチャーズテレビジョンのベテラン幹部2人を採用したと明らかにした。写真はアップルのロゴ。カリフォルニア州で3月撮影(2017年 ロイター/Lucy Nicholson)

[16日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は16日、ソニー・ピクチャーズテレビジョンのベテラン幹部2人を採用したと明らかにした。ハリウッドの映画業界やオンライン逐次再生(ストリーミング)サービス各社がひしめく、独自テレビ番組制作への進出を加速する。

2人は2005年以降社長を務めてきた、ジェイミー・エリック、ザック・ヴァン・アンバーグ両氏だ。アップルの声明によると、動画番組制作全般を監督する新たな役職に就く。

アップル幹部は両氏について、世界で最も才能に恵まれたテレビ業界幹部で、黄金時代到来に寄与したと説明した。

アップルは先週、リアリティー番組「アプリケーションの世界(Planet of the Apps)」で同分野に参入した。

ハリウッドはこれまで、アップルの独自動画シリーズ市場参入を待望していた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。