米アマゾン、無料配送の最低購入額を変更

35ドルから25ドルに引き下げ

 5月9日、米アマゾン・ドット・コムは商品を無料で配送するサービスの対象となる注文の最低購入額を従来の35ドルから25ドルに引き下げたと発表した。3月撮影(2017年 ロイター/Charles Platiau)

[9日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は9日、商品を無料で配送するサービスの対象となる注文の最低購入額を従来の35ドルから25ドルに引き下げたと発表した。同じく無料配送サービスを展開している米ウォルマート・ストアーズ<WMT.N>への対抗措置を強化する。

アマゾンは既に、年会費99ドルのプライムサービスの会員に対しては、無料で2日以内に配送するサービスを提供している。今回の最低購入額引き下げは、より多くの顧客に自社で買い物をするよう促す狙いだ。

アマゾンはまた、これらの顧客が今後プライム会員に移行する効果も期待している。

一方、ウォルマートはインターネット通販のジェット・ドット・コムなどを買収して電子商取引事業の強化を進めており、アマゾンを追撃する構えだ。

ウォルマートは昨年、「シッピング・パス」という会員プログラムを開始、年会費49ドルで2日以内の無料配送サービスを提供していた。だが同社は1月にこれを打ち切り、35ドル以上の注文で2日以内に商品を無料で届けるサービスに切り替えた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT