アマゾン、偽造品除去プログラムを拡大

売手の要望に対応

 3月21日、米オンライン小売大手アマゾン・ドット・コムは今春、同社のウェブサイト上に掲載された偽造品を取り除くプログラムを拡大する。写真の同社ロゴは東京の日本支社で昨年8月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[ラスベガス 21日 ロイター] - 米オンライン小売大手アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は今春、同社のウェブサイト上に掲載された偽造品を取り除くプログラムを拡大する。ブランド・オーナーとしての保証を得たいという幅広い要望に対応する。

アマゾン・マーケットプレイスのヴァイスプレジデント、ピーター・ファリシー氏は20日のインタビューで、早ければ来月に、あらゆるブランドがロゴや知的所有権をアマゾンに登録できるようになると言及。これにより、eコマース企業は偽造品が見つかった際、掲載商品や疑わしい売主のアカウントを停止することが可能となる、と語った。

またファリシー氏は、21日にラスベガスで開催されたコマースイベント「ショップトーク(Shop Talk)」での自身のプレゼンテーションの前に、いわゆるブランド登録は試験段階だが、北アメリカで無料で利用できるようにする予定、と述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT