アマゾン、偽造品除去プログラムを拡大

売手の要望に対応

 3月21日、米オンライン小売大手アマゾン・ドット・コムは今春、同社のウェブサイト上に掲載された偽造品を取り除くプログラムを拡大する。写真の同社ロゴは東京の日本支社で昨年8月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[ラスベガス 21日 ロイター] - 米オンライン小売大手アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は今春、同社のウェブサイト上に掲載された偽造品を取り除くプログラムを拡大する。ブランド・オーナーとしての保証を得たいという幅広い要望に対応する。

アマゾン・マーケットプレイスのヴァイスプレジデント、ピーター・ファリシー氏は20日のインタビューで、早ければ来月に、あらゆるブランドがロゴや知的所有権をアマゾンに登録できるようになると言及。これにより、eコマース企業は偽造品が見つかった際、掲載商品や疑わしい売主のアカウントを停止することが可能となる、と語った。

またファリシー氏は、21日にラスベガスで開催されたコマースイベント「ショップトーク(Shop Talk)」での自身のプレゼンテーションの前に、いわゆるブランド登録は試験段階だが、北アメリカで無料で利用できるようにする予定、と述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT