アマゾン、偽造品除去プログラムを拡大

売手の要望に対応

 3月21日、米オンライン小売大手アマゾン・ドット・コムは今春、同社のウェブサイト上に掲載された偽造品を取り除くプログラムを拡大する。写真の同社ロゴは東京の日本支社で昨年8月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[ラスベガス 21日 ロイター] - 米オンライン小売大手アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は今春、同社のウェブサイト上に掲載された偽造品を取り除くプログラムを拡大する。ブランド・オーナーとしての保証を得たいという幅広い要望に対応する。

アマゾン・マーケットプレイスのヴァイスプレジデント、ピーター・ファリシー氏は20日のインタビューで、早ければ来月に、あらゆるブランドがロゴや知的所有権をアマゾンに登録できるようになると言及。これにより、eコマース企業は偽造品が見つかった際、掲載商品や疑わしい売主のアカウントを停止することが可能となる、と語った。

またファリシー氏は、21日にラスベガスで開催されたコマースイベント「ショップトーク(Shop Talk)」での自身のプレゼンテーションの前に、いわゆるブランド登録は試験段階だが、北アメリカで無料で利用できるようにする予定、と述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 中学受験のリアル
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。