アマゾン、偽造品除去プログラムを拡大

売手の要望に対応

 3月21日、米オンライン小売大手アマゾン・ドット・コムは今春、同社のウェブサイト上に掲載された偽造品を取り除くプログラムを拡大する。写真の同社ロゴは東京の日本支社で昨年8月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[ラスベガス 21日 ロイター] - 米オンライン小売大手アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は今春、同社のウェブサイト上に掲載された偽造品を取り除くプログラムを拡大する。ブランド・オーナーとしての保証を得たいという幅広い要望に対応する。

アマゾン・マーケットプレイスのヴァイスプレジデント、ピーター・ファリシー氏は20日のインタビューで、早ければ来月に、あらゆるブランドがロゴや知的所有権をアマゾンに登録できるようになると言及。これにより、eコマース企業は偽造品が見つかった際、掲載商品や疑わしい売主のアカウントを停止することが可能となる、と語った。

またファリシー氏は、21日にラスベガスで開催されたコマースイベント「ショップトーク(Shop Talk)」での自身のプレゼンテーションの前に、いわゆるブランド登録は試験段階だが、北アメリカで無料で利用できるようにする予定、と述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。