米9月建設支出0.4%減、市場予想下回る

民間の非住宅が9カ月ぶりの大きな落ち込み

11月1日、米商務省が発表した9月の建設支出は、前月比で0.4%減少した。市場は0.5%の増加を予想していた。住宅以外の民間建設が9カ月ぶりの大きな減少となった。第3・四半期のGDPがやや下方修正される可能性がある。写真は2013年4月、米カリフォルニア州で(2016年 ロイター/Steve Marcus)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米商務省が1日に発表した9月の建設支出は、前月比で0.4%減少した。市場は0.5%の増加を予想していた。住宅以外の民間建設が9カ月ぶりの大きな減少となった。第3・四半期の国内総生産(GDP)がやや下方修正される可能性がある。前年同月比は0.2%減だった。

8月の建設支出は前月比で当初発表の0.7%減から0.5%減に、7月も0.3%減から0.5%増に改定された。

9月は民間部門が0.2%減。うち住宅建設は0.5%増え、8月の1.2%減からプラスに転じた。政府は先月28日に第3・四半期のGDPを発表したが、その際住宅建設が重しとなっているとしていた。

工場や病院、道路を含む住宅以外の民間建設は1.0%減で、昨年12月以来、最大の落ち込みとなった。8月は0.5%増だった。住宅以外の建設投資は、2.9%成長となった第3・四半期のGDPの押し上げ要因となっていた。

9月の公共部門の建設支出は0.9%減で、2014年3月以来の低い水準に落ち込んだ。うち州・地域政府は0.8%減で3カ月連続の減少。連邦政府は1.9%減だった。8月の4.8%増からマイナスに転じた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。