英ポンドが対米ドルで31年ぶりの安値に

英国のEU離脱の影響を懸念、1%以上下落

 10月4日、欧州外国為替市場で、英ポンドが対ドルで下落し、31年ぶり安値を付けた。英国の欧州連合(EU)離脱の影響に対する懸念が背景。写真はマンチェスターで3月撮影(2016年 ロイター/Phil Noble)

[ロンドン 4日 ロイター] - 4日の欧州外国為替市場で、英ポンドが対ドルで下落し、31年ぶり安値を付けた。英国の欧州連合(EU)離脱の影響に対する懸念が背景。

メイ首相が2日、EU離脱の正式な手続きが3月末までに始まると表明したことを受け、3日は1%以上下落。4日は下げ幅を拡大して1.2764ドルと、1985年6月以来の安値となった。

ユーロ/ポンドは0.2%安の0.8751ポンドで、3年ぶり安値を付けた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT