英ポンドが対米ドルで31年ぶりの安値に

英国のEU離脱の影響を懸念、1%以上下落

 10月4日、欧州外国為替市場で、英ポンドが対ドルで下落し、31年ぶり安値を付けた。英国の欧州連合(EU)離脱の影響に対する懸念が背景。写真はマンチェスターで3月撮影(2016年 ロイター/Phil Noble)

[ロンドン 4日 ロイター] - 4日の欧州外国為替市場で、英ポンドが対ドルで下落し、31年ぶり安値を付けた。英国の欧州連合(EU)離脱の影響に対する懸念が背景。

メイ首相が2日、EU離脱の正式な手続きが3月末までに始まると表明したことを受け、3日は1%以上下落。4日は下げ幅を拡大して1.2764ドルと、1985年6月以来の安値となった。

ユーロ/ポンドは0.2%安の0.8751ポンドで、3年ぶり安値を付けた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。