英ポンドが対米ドルで31年ぶりの安値に

英国のEU離脱の影響を懸念、1%以上下落

 10月4日、欧州外国為替市場で、英ポンドが対ドルで下落し、31年ぶり安値を付けた。英国の欧州連合(EU)離脱の影響に対する懸念が背景。写真はマンチェスターで3月撮影(2016年 ロイター/Phil Noble)

[ロンドン 4日 ロイター] - 4日の欧州外国為替市場で、英ポンドが対ドルで下落し、31年ぶり安値を付けた。英国の欧州連合(EU)離脱の影響に対する懸念が背景。

メイ首相が2日、EU離脱の正式な手続きが3月末までに始まると表明したことを受け、3日は1%以上下落。4日は下げ幅を拡大して1.2764ドルと、1985年6月以来の安値となった。

ユーロ/ポンドは0.2%安の0.8751ポンドで、3年ぶり安値を付けた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。