米ISM製造業景気指数、再び50を上回る

9月は51.5、予想の50.3よりも堅調

[ワシントン 3日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)が発表した、9月の米ISM製造業景気指数は51.5と、節目の50を再び上回った。

弱含む世界経済の下押し圧力に持ちこたえた形だ。

予想の50.3を上回った。前月は49.4と50を割り込んでいた。

新規受注指数は55.1と、前月の49.1から上昇、製造業の売り上げが伸びる兆候を示した。

パンテオン・マクロエコノミクスのエコノミスト、イアン・シェパードソン氏は「今回の指標で安どした」と話した。

指標公表を受け、ドルは通貨バスケットに対して上昇、米国債利回りも上がった。米国株は下げ幅を縮小した。

*以下の図表もご覧ください。

http://link.reuters.com/xek62w

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT