米ISM製造業景気指数、再び50を上回る

9月は51.5、予想の50.3よりも堅調

[ワシントン 3日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)が発表した、9月の米ISM製造業景気指数は51.5と、節目の50を再び上回った。

弱含む世界経済の下押し圧力に持ちこたえた形だ。

予想の50.3を上回った。前月は49.4と50を割り込んでいた。

新規受注指数は55.1と、前月の49.1から上昇、製造業の売り上げが伸びる兆候を示した。

パンテオン・マクロエコノミクスのエコノミスト、イアン・シェパードソン氏は「今回の指標で安どした」と話した。

指標公表を受け、ドルは通貨バスケットに対して上昇、米国債利回りも上がった。米国株は下げ幅を縮小した。

*以下の図表もご覧ください。

http://link.reuters.com/xek62w

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。