米ISM製造業景気指数、再び50を上回る

9月は51.5、予想の50.3よりも堅調

[ワシントン 3日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)が発表した、9月の米ISM製造業景気指数は51.5と、節目の50を再び上回った。

弱含む世界経済の下押し圧力に持ちこたえた形だ。

予想の50.3を上回った。前月は49.4と50を割り込んでいた。

新規受注指数は55.1と、前月の49.1から上昇、製造業の売り上げが伸びる兆候を示した。

パンテオン・マクロエコノミクスのエコノミスト、イアン・シェパードソン氏は「今回の指標で安どした」と話した。

指標公表を受け、ドルは通貨バスケットに対して上昇、米国債利回りも上がった。米国株は下げ幅を縮小した。

*以下の図表もご覧ください。

http://link.reuters.com/xek62w

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。