JR九州が上場へ、売出規模は約3920億円

東京証券取引所への上場は10月25日に

[東京 15日 ロイター] - 九州旅客鉄道(JR九州)[IPO-KYUR.T]は15日、新規株式公開(IPO)を決議した。東京証券取引所への上場は10月25日。株式の売り出し規模は約3920億円となり、LINE<3938.T>を上回る今年最大のIPOとなる見通し。

JR九州の株主、鉄道建設・運輸施設整備支援機構が保有する1億6000万株をすべて売り出す。想定売り出し価格(2450円)で試算すると、売り出しの規模は約3920億円。

株式は10月26日に福岡証券取引所にも上場する予定。

株式売出しのグローバルコーディネーターは野村証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、JPモルガン証券。

政府は鉄道事業の民営化に伴って段階的に株式を売り出し、完全民営化を進めてきた。今回の株式の売り出しは、1993年から順次始まった東日本旅客鉄道(JR東日本)<9020.T>、西日本旅客鉄道(JR西日本)<9021.T>、東海旅客鉄道(JR東海)<9022.T>に続き、JRでは4社目。

*内容を追加しました。

 

(江本恵美 編集:山川薫)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 鉄道漫遊記
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。