JR九州が上場へ、売出規模は約3920億円

東京証券取引所への上場は10月25日に

[東京 15日 ロイター] - 九州旅客鉄道(JR九州)[IPO-KYUR.T]は15日、新規株式公開(IPO)を決議した。東京証券取引所への上場は10月25日。株式の売り出し規模は約3920億円となり、LINE<3938.T>を上回る今年最大のIPOとなる見通し。

JR九州の株主、鉄道建設・運輸施設整備支援機構が保有する1億6000万株をすべて売り出す。想定売り出し価格(2450円)で試算すると、売り出しの規模は約3920億円。

株式は10月26日に福岡証券取引所にも上場する予定。

株式売出しのグローバルコーディネーターは野村証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、JPモルガン証券。

政府は鉄道事業の民営化に伴って段階的に株式を売り出し、完全民営化を進めてきた。今回の株式の売り出しは、1993年から順次始まった東日本旅客鉄道(JR東日本)<9020.T>、西日本旅客鉄道(JR西日本)<9021.T>、東海旅客鉄道(JR東海)<9022.T>に続き、JRでは4社目。

*内容を追加しました。

 

(江本恵美 編集:山川薫)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT