ドル急落102円、弱い米ISM非製造業指数で

市場予想を大きく下回り、利上げは見送りか

9月6日、中盤のニューヨーク外為市場でドルが急落した。米供給管理協会(ISM)非製造業統計が軟調だったことを嫌気した。写真は2010年10月撮影(2016年 ロイターTruth Leem)

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 6日中盤の米ニューヨーク外為市場では、ドルが弱い米供給管理協会(ISM)非製造業統計を嫌気し急落した。

8月の非製造業部門総合指数(NMI)は51.4と、7月の55.5から低下、市場予想の55.0を大きく下回った。前月比の下落幅は金融危機で世界経済が混乱していた2008年11月以来の大きさだった。

発表を受けて、ドル/円<JPY=>は1%超下落し102.05円をつけた。

テンパスのマーケット責任者、ジョン・ドイル氏は「想定を下回る伸びとなった前週末2日の8月雇用統計も合わせ、米利上げ予想は9月どころか12月も低下した」との見方を示した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT