英国の鉄道運行に初名乗りを挙げたJR東日本

信頼性は高評価だが、EU離脱で先行き不透明

契約満了より前に、諸般の事情でフランチャイズを解消させられたり、自ら打ち切ったりというパターンもあるが、その場合は再度入札を行なわれ、次の契約企業が決まるまでは、しばらく政府が営業権を保有し運行を続けることになる。

イーストコースト・メインライン(東海岸本線)はその一つで、前のオペレーターが撤退して以降、長らく政府保有の状態が続いていたが、最終的には日本でもお馴染みの有名企業、ヴァージン・トレインズ社が権利を獲得し、2015年から営業を開始した。

すでに長年に渡り、ウェストコースト・メインライン(西海岸本線)の営業権を保有するヴァージン・トレインズ社は、これで英国内を南北に結ぶ2大幹線の営業権を保有したことになるが、東海岸本線はヴァージン・トレインズ・イーストコースト(VTEC)という名称で差別化を図っている。

JR東日本が最終選考に!

画像を拡大
現在、ウェスト・ミッドランド旅客路線を運行しているロンドン&ウェスト・ミッドランズ鉄道の列車

今回、2017年10月から開始される、ウェスト・ミッドランド旅客路線の新たな契約に関して入札が行われたが、その最終選考には3社が選ばれた。

一つは、2007年より「ロンドン・ミッドランド」のブランドで、現在のウェスト・ミッドランド旅客路線の運行を行なっている、ロンドン&ウェスト・ミッドランズ鉄道だ。フランスのKeolis社(35%)と英国のGo-Aheadグループ(65%)の合弁企業Govia社によって運営されている。両社はいずれも、民間の公共交通企業で、国内に留まらず、ヨーロッパ全域で公共交通機関の運営を行なっている企業だが、その合弁企業であるGovia社は、ロンドン南部に路線網を広げるサザン鉄道や、南北を縦貫するテムズリンクなどを運営している。

もう一つは、MTRウェスト・ミッドランズ社だ。香港の公共交通企業MTR社の子会社で、香港では地下鉄のブランドとしてMTRの文字を見ることができるため、知っている方も多いかもしれない。同社は、ヨーロッパでは2009年よりスウェーデンのストックホルム地下鉄の運営を行なっているほか、2015年にはストックホルム~ヨーテボリ間にMTR Expressを運行開始するなど、都市間輸送にも参入を果たしている。

MTRは2004年から英国進出を目指し、数度の獲得失敗を経て、2007年にLaing社と手を組み、ロンドン市内や近郊を走る「ロンドン・オーバーグラウンド」の営業権を獲得、現在営業を行なっている。2015年3月には、エリザベス・ラインとしてまもなく産声を上げる新路線「クロスレイル」の8年間の営業権も獲得した。

そしてもう1社が、Abellio社がJR東日本・三井物産との合弁で設立した「ウェスト・ミッドランズ・トレインズ株式会社」だ。日本企業が英国鉄道フランチャイズへ応札した初めてのケースである。

次ページ日立製の車両で高まる日本への信頼
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT