景気減速が波及、優等生ファナックも足踏み

 

ファナックはロボドリルが中国、ロボットが米国でそれぞれ好調を持続していることを12年4~9月期決算短信に表記しているが、FA部門については不調の要因を明かしていない。ただ、第1四半期(12年4~6月期)発表後の時点で「中国経済の減速が影響」(同社)と説明していたことから、第2四半期(7~9月期)もこの傾向が続き売り上げ減につながったと考えられる。欧州債務危機を発端に世界に波及した景気減速の波が、優等生ファナックの勢いを止めたようだ。

ファナックは10月25日、それまで開示していなかった13年3月期通期見通しを売上高5310億円(前期比1.4%減)、営業利益2050億円(同7.6%減)と初めて発表した。リーマンショックの影響を大きく受けた、2010年3月期以来の前期比減収減益となる見込みだ。

(中川 雅博 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT