景気減速が波及、優等生ファナックも足踏み

 

ファナックはロボドリルが中国、ロボットが米国でそれぞれ好調を持続していることを12年4~9月期決算短信に表記しているが、FA部門については不調の要因を明かしていない。ただ、第1四半期(12年4~6月期)発表後の時点で「中国経済の減速が影響」(同社)と説明していたことから、第2四半期(7~9月期)もこの傾向が続き売り上げ減につながったと考えられる。欧州債務危機を発端に世界に波及した景気減速の波が、優等生ファナックの勢いを止めたようだ。

ファナックは10月25日、それまで開示していなかった13年3月期通期見通しを売上高5310億円(前期比1.4%減)、営業利益2050億円(同7.6%減)と初めて発表した。リーマンショックの影響を大きく受けた、2010年3月期以来の前期比減収減益となる見込みだ。

(中川 雅博 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。