景気減速が波及、優等生ファナックも足踏み

景気減速が波及、優等生ファナックも足踏み

工作機械の精密さのカギを握るNC(数値制御)装置、自動車の組み立てや溶接の効率化を可能にした多関節ロボット--。

これらの製品で国内外トップシェアを握るファナック。営業利益率を4割前後に保つその収益力は業界でも群を抜く。約3兆1200億円という株式時価総額(2012年10月現在)は、同業の産業機械セクターで2位の三菱重工業の約1兆2000億円の3倍近い圧倒的な存在だ。直近2012年3月期も過去最高益を更新した。

だが、このファナックの勢いも、ここへきて足踏み状態になりつつある。

ファナックが10月25日に発表した13年3月期9月中間決算(12年4~9月期)は、売上高2636億円(前上期比1.1%減)、営業利益1018億円(同12.6%減)と2ケタ減益となった。

ファナックの決算短信を眺めるかぎり、好調を止めた主な要因はFA部門(NC装置)の失速だ。

FA部門の今上期売上高は1075億円(前上期比24.4%減)。ロボットが589億円(同11.1%増)、ロボマシン(小型マシニングセンター)が972億円(同36.5%増)と拡大したのとは対照的だ。ファナックはセグメント別の営業利益を開示していないものの世界的にシェアが高く利益率も高いとされる、FA部門の減速が響いているとみられる。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT