渋谷の魅力は高まるか

商業ビルに乗り出す野村不動産

 

野村不動産では、今後も山手線など首都圏の主要駅で、周辺にオフィスワーカーや住民が多く存在するエリアを中心に当面は年2棟ずつ、「GEMS」ブランドの商業ビルを開設していく方針だ。

すでに2つめの物件取得を進めており、事業が軌道に乗れば、年4棟程度まで開業ペースを上げていくという。敷地面積は最低で50坪程度を想定していて、飲食店舗を中核としながらも、エリア特性によっては物販店舗もある程度は誘致したい考えだ。半年から1年ほど同社が保有した後は投資家への売却も念頭に置いているが、物件のマネジメント面では、同グループのジオ・アカマツや野村ビルマネジメントが継続して携わっていく予定だ。

周辺のオフィスワーカーや住民の胃袋をガッチリつかむことができるか、GEMS渋谷は、野村不動産の今後にとっても重要な試金石となりそうだ。

(猪澤 顕明 =東洋経済オンライン)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。