光降る丘 熊谷達也著

光降る丘 熊谷達也著

2008年6月、宮城岩手県境を襲った地震は山が丸ごと消えるほどのすさまじさだった。栗駒山麓の耕英(本書では共英)も壊滅的打撃を被ったが、地震直後の「今」と、戦後、苦難の開拓事業が進められた耕英での「過去」への回想シーンとが織りなされて話は進む。登場人物は架空でも、開拓史資料を基礎にした小説の骨組みは単純なフィクションではない。

今やほとんど忘れ去られているが、戦前の満蒙開拓団から戦後の荒地開拓まで、開拓村の労苦は並大抵のものではなかった。月並みに言えば泥と汗と涙、時に命と引き換えに形成された「共英」村。主人公一家の人間ドラマは強い意志と家族愛、仲間との連帯感を描き普遍的価値を持ちうるだろう。ようやく曙光が見えてきた村を襲った災禍と、それに立ち向かう村人の姿は東日本大震災に重なり、強い感動を呼ぶ。あふれ返る東北弁と土のにおい、随所に生きるユーモア、終局も締まっている。(純)

角川書店 1890円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT