光降る丘 熊谷達也著

光降る丘 熊谷達也著

2008年6月、宮城岩手県境を襲った地震は山が丸ごと消えるほどのすさまじさだった。栗駒山麓の耕英(本書では共英)も壊滅的打撃を被ったが、地震直後の「今」と、戦後、苦難の開拓事業が進められた耕英での「過去」への回想シーンとが織りなされて話は進む。登場人物は架空でも、開拓史資料を基礎にした小説の骨組みは単純なフィクションではない。

今やほとんど忘れ去られているが、戦前の満蒙開拓団から戦後の荒地開拓まで、開拓村の労苦は並大抵のものではなかった。月並みに言えば泥と汗と涙、時に命と引き換えに形成された「共英」村。主人公一家の人間ドラマは強い意志と家族愛、仲間との連帯感を描き普遍的価値を持ちうるだろう。ようやく曙光が見えてきた村を襲った災禍と、それに立ち向かう村人の姿は東日本大震災に重なり、強い感動を呼ぶ。あふれ返る東北弁と土のにおい、随所に生きるユーモア、終局も締まっている。(純)

角川書店 1890円

  

関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。