理想の上司は、なぜ苦しいのか 管理職の壁を越えるための教科書 樋口弘和著

理想の上司は、なぜ苦しいのか 管理職の壁を越えるための教科書 樋口弘和著

最近の若い人たちは、「管理職なんてなりたくない」と考える人が多いという。上司と部下の間で板挟みになったり、仕事が増える割には見返りが少なかったり、損な役回りだと思うからだ。

会社も余裕がないので、ゆっくりと幹部候補を育てる時間がない。実務をこなしながら部下の管理もしなければならないプレーイングマネジャーが増えているのも、その表れである。とかく管理職には受難の時代なのだ。

人事コンサルタントの著者が、モチベーションのコントロールの仕方、マネジャーに求められるスキルなど、現代の厳しい職場環境の中で、「偉い人」から「つらい人」に変わった管理職像を現場に即して解説する。

ちくま新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。