理想の上司は、なぜ苦しいのか 管理職の壁を越えるための教科書 樋口弘和著

理想の上司は、なぜ苦しいのか 管理職の壁を越えるための教科書 樋口弘和著

最近の若い人たちは、「管理職なんてなりたくない」と考える人が多いという。上司と部下の間で板挟みになったり、仕事が増える割には見返りが少なかったり、損な役回りだと思うからだ。

会社も余裕がないので、ゆっくりと幹部候補を育てる時間がない。実務をこなしながら部下の管理もしなければならないプレーイングマネジャーが増えているのも、その表れである。とかく管理職には受難の時代なのだ。

人事コンサルタントの著者が、モチベーションのコントロールの仕方、マネジャーに求められるスキルなど、現代の厳しい職場環境の中で、「偉い人」から「つらい人」に変わった管理職像を現場に即して解説する。

ちくま新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。